保育理念

  • 児童福祉法に定める理念ののもと、
  • 子どもの最善の利益を守り、
  • ふさわしい生活の場を保障し、
  • 保護者とともにその福祉を積極的に増進する。

園訓

  • 『三つの柱』
  • 子どもの「自主性」「創造性」「社会性」を育てる。
  • さらに今日的な課題に対応できる「柔軟性」を身につける。

保育方針

  • ひとりひとりの発達に見合った保育
  • 心と身体の自立を促す保育

保育目標

  • 健康な体と心を持つ子
  • 自分を認め、他人を受け入れられる子
  • 遊ぶこと、学ぶことが好きな子
  • 未知なものに興味を持ち、美しいもの、優れたものに感動する子

給食

  • 給食は主食を含む完全給食を実施しています。
  • 子どもたちの成長のため、安全で質の良い食材を選んでいます。
  • 発達段階に応じた調理方法を行っています。
  • 素材の持つ美味しさを活かすため、薄味を心がけています。
  • ひとりひとりの食欲は配慮をしながら盛り付けています。
  • 手作りおやつを提供しています。

食育

  • 年間を通じて、「食」からも季節を感じられるように、色々な野菜を育てています。
  • ナス、トマト、きゅうり、じゃがいも、インゲン、ピーマンなど自園の畑”わかば”で種まきから収穫まで触れる・育てる経験を大切にしています。
    おやつのおにぎり作り 枝豆のさや取り
    トウモロコシの皮むき ハヤト瓜の収穫
    土作り ナスの収穫
    きゅうりの収穫 にんじんの収穫